ナビゲーションをスキップする

病院のご案内

ここから本文です。

病院長挨拶

 平成30年の新春を迎え、心よりお慶び申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。

今後、人口が減少していく少子高齢化のわが地域においても医療提供体制を見直さなければならない時期が来ています。昨年度は、坊保健医療圏での地域医療構想策定が行われ、構想の実現に向けて徐々に病床機能を調整してきました。平成27年度には地域包括ケア病棟52床を開設し、さらに平成29年度に回復期リハビリテーション病棟30床を開くことになりました。このことから急性期病床としては従来300床であったところを183床まで削減することとなりましたが、この結果回復期病床が82床増設できたことになります。このことから患者さんの病状に応じた切れ目のない質の高い医療体制構築するごとができます。これからは住民の皆様と医療者がお互いに協力し合って、地域の医療を守ることが求められています。

実際の診療面においては、昨年度までに歯科口腔外科、形成外科を新設し、順調に稼働しつつあります。今年度からはさらに常勤医を増やし、新たに救急科を増設し、救急医療体制を充実させて安心、安全な救急医療体制の構築を行っていくことも計画しています。

医療が患者さんのためにあることは言うまでもないことですが、医療が医療者にとって働きがいのあるものでなければ、医療の質を確保することはできません。昨年度から、国保日高総合病院の基本方針を今までの1.患者中心の医療、2.医療の安全、3.医療水準の向上、4.医療連携、5.健全な病院経営に加えて、6.職員のモチベーション向上に向けて「全職員が医療人としての誇りをもって働ける、職場環境づくりを推進します」といたしました。院内のハラスメント被害の予防、撲滅に向けハラスメント防止委員会を設置し、働きがいのある職場づくりプロジェクトを立ち上げました。ハラスメントに限らず,職場環境を悪化させるようなすべての問題についての相談や意見をいただく窓口を設置し、解決するためのシステムを立ち上げ、働きやすい環境を整備していきます。

さらに、人格育成、定着率向上を図り、これらを通して組織力の向上を目指し、プライドの向上、地域医療の質および業績向上につながります。

初期研修医、専門(専攻)医研修や医療技術者がのびのびと研修ができ、全職員がモチベーションを維持して働ける環境づくりを努力目標といたします。

皆様のご協力よろしくお願いいたします。

平成30年1月

国保日高総合病院

院長 曽和正憲