ナビゲーションをスキップする

医療関係者の皆様へ

ここから本文です。

レスパイト入院のご案内

レスパイト入院とは

常時在宅介護をしている家族等の病気や事故、冠婚葬祭などの社会的事情により、一時的に在宅介護が困難な場合や介護者が肉体的・精神的負担の一時的軽減を希望された場合に、短期入院できる仕組みです。

ご利用できる方

原則として、病状が安定しているものの在宅で医療機器(気管切開、経管栄養、酸素療法をされている方など)を使用しており、常時介護が必要で退院先が在宅の方。

レスパイト入院の基本ルール

1.予約申し込みは、原則、入院希望日の5日前までとなります。

2.入院期間は、原則14日以内です。次回のご利用は、原則3ヶ月後となります。

3.入院日時は、平日の午後(原則)となります。

4.入院中は、必要なバイタルチェック、継続的に実施が必要な検体検査等を除き、原則として画像診断・検査・治療・投薬処方は実施致しません。

5.ご使用中のストマなどの医療材料およびお薬はご持参下さい。

6.不穏・徘徊行動が著明な方については、入院をお断りさせて頂く場合があります。

7.患者様の状態によっては、入院の継続が困難になる場合がありますので予めご了承下さい。

8.入院費は、通常の入院と同じ医療保険請求となります。

9.紙オムツが必要な方については、当院専用の紙オムツを使用して頂きます。別途費用がかかります。

ご利用の手順

ご利用希望日の5日前までに、地域医療連携室にお申し込み下さい。

お申し込みができるのは、かかりつけ医療機関、ケアプラン事業所の方になります。

①(申し込み)

 レスパイト入院予約申込書(様式1)を地域医療連携室にFAXして下さい。

②(情報提供)

 かかりつけ医療機関からは診療情報提供書を、ケアプラン事業所からは患者情報提供書(様式2)を地域医療連携室にそれぞれFAXして下さい。

③ 担当医に相談

 ※入院決定前に診察が必要と判断した場合は、受診予約をお取りします。その場合は、受診後の入院決定となります。

④ 入院決定

⑤ レスパイト入院に係る誓約書とレスパイト入院予約票をかかりつけ医療機関あるいはケアプラン事業所にFAX致します。

⑥(入院当日)

 総合窓口①番にレスパイト入院予約票をお出し下さい。入院手続き後、地域包括ケア病棟(6階病棟)に入院となります。

様式のダウンロード

ファイルをダウンロードしてご利用下さい。

 

 

問い合わせ先

国保日高総合病院 地域医療連携室

 電話:0738-24-1786

 FAX:0738-24-2007

(受付時間)平日:8時30分~17時15分

 

PDF「PDF」と表記されている箇所は、Adobe(アドビ)社のAcrobatで作成しています。
ご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は下記のホームページ又はロゴアイコンをクリックして無償でダウンロードできます。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.htmlGet ADOBE READER