ナビゲーションをスキップする

患者様・ご家族様へ

ここから本文です。

御坊日高地区摂食嚥下研究会

摂食嚥下研究会とは

御坊日高地区摂食嚥下研究会は御坊・日高地区における、摂食・嚥下障害を有する患者様に対して、支援・ケアを行う医療従事者の質の向上と、病院・施設間の連携の充実を目的として平成19年12月に設立されました。当地域において、摂食嚥下リハビリテーションの質の向上に微力ながら当会が役に立ててればと考え、定期的に研修会や学会発表、地域の関係機関との情報交換など活動を行なっています。

活動状況

  • 平成20年5月 第1回日高地区摂食嚥下勉強会の開催
  • 平成20年9月 第14回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会        「日高地区摂食嚥下勉強会と地域連携について」を発表
  • 平成24年8月 地域の摂食嚥下障害の方のために摂食嚥下パンフレットを作成
  • 平成24年9月 第17・18回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会        「急性期病棟と、慢性期病棟における嚥下障害患者の違い」

国保日高総合病院内で隔月(奇数月)ごとに事例検討や摂食・嚥下に関する情報交換等の活動を行なっています。参加を希望される医療関係者の方は事務局にご連絡下さい。

事務局 国保日高総合病院 医療安全管理室 上道 雅和 0738-22-1111(代)

研究会の参加医療機関

  • 国保日高総合病院
  • 国立病院機構 和歌山病院
  • 国立病院機構 南和歌山医療センター
  • 社会医療法人黎明会 北出病院
  • 医療法人裕紫会 訪問看護ステーション中紀
  • 特別養護老人ホーム ごぼうの郷

代 表:国保日高総合病院 耳鼻咽喉科
事務局:国保日高総合病院 医療安全管理室 上道 雅和

更新:平成27年7月