ナビゲーションをスキップする

患者様・ご家族様へ

ここから本文です。

宗教的な事由等による輸血拒否に関する対応

国保日高総合病院における「宗教的な事由等による輸血拒否」に関する対応について

 

国保日高総合病院は、高度専門医療病院として、外傷を含めた重症患者の治療を行っております。そのため、治療過程で、輸血が必要となることも少なくありません。輸血を行う場合は、輸血することの利点、欠点を十分説明させていただいたうえで、輸血の同意書を全例いただいております。一方、患者さんご本人やそのご家族には、宗教などの個人の信条として輸血を望まれない方がおられるのも事実です。上記を鑑み、当病院では、宗教的な事由等により輸血を希望されない患者さん及びそのご家族等の皆様に、当病院の宗教的な事由等による輸血拒否に関する見解をお示しします。

 

当病院では、宗教等の理由で輸血を希望されない患者さん及びそのご家族のお気持ちに十分配慮し、可能な限り輸血を行わない治療をいたします。しかし、救命を優先する医療上の立場から、輸血以外に救命手段がない事態になった場合や輸血をしなければ重篤な後遺症が生じる場合には、主治医の判断で輸血を必ず行います。したがって、どのような承諾書・免責書を患者さんからご提示いただいても、当院では署名できません。絶対に輸血を行いませんという確約はできません。最終的にどうしても、患者さんが当院のこの方針に同意されなければ、当院での診療をお断りし、他院への転院をお勧めいたします