ナビゲーションをスキップする

診療科のご案内

ここから本文です。

脳神経外科

医師の紹介

森脇  宏 名誉院長兼参与


【認定資格等】
日本脳神経科学会認定専門医
医学博士
日本医師会認定産業医
【専門分野】
脳神経外科全般
脳血管障害
脳ドック

尾崎 文教 副院長


【認定資格等】
日本脳神経科学会認定専門医
医学博士
日本脊髄外科学会認定医
日本脳卒中学会専門医
【専門分野】
脳神経外科全般
脊髄外科
脳血管障害

大林 慎始 脳神経外科部長



【認定資格等】
日本脳神経科学会認定専門医
【専門分野】
脳神経外科全般

沖田 竜二 脳神経外科部長


【認定資格等】

日本脳神経科学会認定専門医

日本がん治療認定医機構認定
がん治療認定医

【専門分野】
脳神経外科全般

脳腫瘍

対象疾患

脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経の全ての神経系の病変を取り扱う診療科です。当科では原則、全ての脳神経外科疾患に対応しています。

1. 脳血管障害

脳動脈瘤、脳動静脈奇形、モヤモヤ病
くも膜下出血、脳出血、
脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)

2. 外傷

頭部外傷;硬膜外血腫、硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折等
脊椎脊髄損傷

3. 脳腫瘍

原発性脳腫瘍、グリオーマ、髄膜腫、下垂体腫瘍、頭蓋骨腫瘍等
転移性脳腫瘍

4. 脊椎脊髄疾患

環軸椎亜脱臼、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、
後縦靱帯骨化症、黄色靱帯骨化症
脊椎脊髄腫瘍、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎菅狭窄症

5. 機能的脳神経外科

顔面痙攣、三叉神経痛、不随意運動、パーキンソン病

6. 先天性疾患、その他

水頭症、髄膜瘤、中枢神経感染性病変(髄膜炎、脳膿瘍)

診療科の特色

1. 24時間体制で脳血管障害や頭部外傷に対応しています

脳血管障害や頭部外傷は早期診断、早期治療が大切です。当科では専門のスタッフが、原則24時間体制で待機し、夜間でも迅速に診断し治療にあたっています。
くも膜下血腫、脳出血、頭部外傷の手術はいうまでもなく、脳梗塞に対する血栓溶解療法も可能です。

2. 脳腫瘍

脳腫瘍にはグリオーマ、髄膜腫、下垂体腫瘍に代表される原発性脳腫瘍と身体の他臓器の腫瘍が脳に転移した転移性脳腫瘍があります。最近では人口の高齢化を反映して転移性脳腫瘍が増加しています。これらに手術、化学療法放射線治療を行います。

3. 脊椎、脊髄疾患

手足のしびれ、歩行障害は脳の病変でも首や腰の脊椎、脊髄に異常がある場合でも生じます。特に両手の細かい動きができず、上着のボタンがうまくとめられないとか足がしびれて歩きにくい等の症状では脊髄の病変が考えれます。代表的な疾患は、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症、脊髄腫瘍、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎菅狭窄症があり、先に保存的治療を行います。保存的治療で治らない時には手術となりますが、顕微鏡下手術で安全に治療が可能です。

4. 機能的脳神経外科

三叉神経痛や顔面痙攣は、先に薬物治療を行い、薬の効果が少なくなった例に外科的治療を行います。

5. 血管内手術

超早期の脳塞栓に対する局所血栓溶解療法、内頚動脈狭窄症、脳動脈瘤、脳動静脈奇形に対する血管内治療を和歌山県立医科大学脳神経外科の専門家の協力を得て行っています。

特殊外来

1. 物忘れ外来

痴呆をきたす病変の診断。その中で治療可能な痴呆性疾患を鑑別し、治療します。

2. 脳ドック

症状のない脳梗塞(無症候性脳梗塞)、未破裂脳動脈瘤、頚部、脳動脈の狭窄性病変、小さな脳腫瘍等を早期に発見し、大事に至る前に治療します。

当科で取り扱える疾患

ほぼ全ての脳神経外科疾患に対応が可能です。ただ当院にはガンマーナイフや放射線治療の設備がないため、これらの治療が必要な方には近隣の施設と連帯して治療にあたっています。

検査など

MRI、3-D CT、SPECT、DSA