ナビゲーションをスキップする

診療科のご案内

ここから本文です。

救急科

医師の紹介

足川 財啓 救急科医長


【認定資格等】
日本救急医学会救急科専門医
麻酔科標榜医
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医

ICD認定
JSPEN TNTコース修了

臨床研修指導医養成講習会修了

【専門分野】

藤﨑 一基 救急科医員



【認定資格等】

【専門分野】

対象疾患

1~2次救急の様々な症状の患者に対応しています。一般的な症状から環境障害(熱中症・低体温症など)や刺咬症まで、初期診療範囲が広いことが救急科の特徴です。

 

診療科の特色

平成30年4月から2人の専従常勤医が配置され、救急科の運営を開始しました。

これまでは、各科の医師が持ち回りで担当していた平日日勤帯の救急患者の対応を、当科で行っています。

また、重症患者の受け入れを円滑に行えるよう、救急隊と救急医が直接やりとりできるよう、ホットラインを保有することとしました。

救急科は、主に救急車で搬送されてくる症例や通常の外来診療では対応が難しい状態の症例の初期評価を行い、緊急度や重症度を判断し、早期に状態の安定化を図る対応を行い、必要に応じて院内の各専門医との連携や引き継ぎを円滑に行うようにしています(なお、入院症例は担当せず、外来専従となっております)。

今後、総合病院である当院の各科専門医と救急医が協力し、救急患者の受け入れから治療まで、迅速に対応できるように努力していきます。