ナビゲーションをスキップする

診療科のご案内

ここから本文です。

リハビリテーションセンター

医師の紹介

金川 建彦 整形外科医長兼リハビリテーションセンター長


【認定資格等】
日本整形外科学会専門医
【専門分野】
関節・外傷

スタッフ

理学療法士     13名

作業療法士      4名

言語聴覚士      2名

按摩マッサージ指圧師 1名

 

当センターでは

  1. 患者様とのコミュニケーションを大切にし、ニーズを尊重します。
  2. 「急性期」から関わり、他施設との連携を密に地域医療の向上に寄与します。
  3. 専門スタッフが各々の専門知識と技術を最大限に活用したリハビリテーションを行います。

を方針に主に医学的リハビリテーションを担当しています。

理学療法は、主に基本的な動作能力の再獲得を目標に運動療法、物理療法、日常生活動作訓練を行っています。また、補装具の適合とその使用方法についての指導、治療方針決定のための諸検査も行います。

作業療法は、主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業(趣味活動・日常生活活動・仕事など人が生きていく上で必要な全ての目的ある行為)を用いて、治療、指導及び援助を行います。高次脳機能にも積極的にアプローチしています。
言語療法は、コミュニケーション能力の改善を目標として、言語・高次脳機能の評価及び訓練を行います。また、摂食嚥下の評価及び訓練も行います。

 

対象疾患

骨折・外傷、脊椎・脊髄疾患、変形性関節症などの整形外科疾患や脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)、失語症、失認症および失行症、高次脳機能障害の脳血管疾患など以外にも神経・筋疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、糖尿病などの内科的疾患や廃用症候群など。