ナビゲーションをスキップする

診療科のご案内

ここから本文です。

眼科

医師の紹介

井上 晃宏 眼科医長


【認定資格等】
【専門分野】
眼科一般

石川 伸之 非常勤医師


【認定資格等】
日本眼科学会会員
日本眼科医会会員
日本眼科学会専門医
【専門分野】
眼科一般

泉谷 愛 非常勤医師


【認定資格等】
日本眼科学会会員
日本眼科医会会員
日本眼科手術学会会員
【専門分野】
眼科一般

対象疾患

外眼部疾患

麦粒腫、霰粒腫、捷毛乱生、眼瞼内反症、眼瞼下垂、眼瞼腫瘍など

角結膜疾患

角膜炎、角膜潰瘍、角膜変性、円錐角膜、結膜炎、流行性角結膜炎など

水晶体疾患

白内障、後発白内障など

ぶどう膜疾患

虹彩炎、毛様体炎、ぶどう膜炎など

網膜硝子体疾患

糖尿病網膜症、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、網膜色素変性症、
加齢性黄班変性症、黄班円孔、黄班上膜、中心性網脈絡膜症、硝子体出血など

その他

緑内障、視神経炎、外斜視、内斜視、涙嚢炎、眼外傷、眼窩蜂巣炎など

診療科の特色

御坊・日高地域は眼科医が少なく、当院はこの地域内の総合病院で唯一の眼科が存在する施設です。そのため当院眼科はこの地域の中核施設としての役割を担っています。高齢化をむかえている現在、眼科領域の疾患も増加しています。特に白内障は老化に伴って疾病率が増加します。また糖尿病、高血圧などの全身疾患からの眼合併症も増加しています。特に御坊・日高地区は糖尿病罹患率が高く、内科と連携をとり定期的な眼底検査を施行し、早期発見、早期治療を行っています。当院は、和歌山県立医大眼科等から応援医師を派遣していただき、当地域医療に可能な限りあたっています。

当科で取り扱える疾患

対象疾患に対し、点眼や内服療法を行っています。加えて網膜動脈閉塞症や網膜静脈閉塞症などに対して、内科と連携をとり点滴療法を行っています。
外来レーザー手術では、後発白内障、急性緑内障発作、網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症など。

検査など

細隙灯顕微鏡、精密眼底、視力、屈折、眼圧、動的量的視野、静的量的視野、眼球運動、両眼視機能、角膜内皮細胞、眼底撮影(フルオレセイン)、超音波画像診断、XP、CT、MRI、など