ナビゲーションをスキップする

診療科のご案内

ここから本文です。

放射線科

医師の紹介

竹内 希 放射線科部長・画像診断センター長


【認定資格等】
産業医・THP指導者
日本医学放射線学会専門医
日本IVR学会専門医
第1・3種放射線取扱主任者
日本がん治療認定医機構暫定教育医
【専門分野】
画像診断(CT・MRI・核医学)
IVR・血管内治療
癌局所療法(ラジオ波治療)
放射線腫瘍学
放射線物理学

画像診断センター スタッフ

(技師)
巽 政仁 診療放射線技師長
森 博司 主任診療放射線技師
楠本章博 主任診療放射線技師
中村 洋 主任診療放射線技師(マンモグラフィー認定技師B)
松井知也 主任診療放射線技師
棚橋邦光 診療放射線技師
垣内将秀 診療放射線技師(第2種放射線取扱主任)
狩谷聡行 診療放射線技師

宮澤伸悟 診療放射線技師

書川友紀 診療放射線技師

 


診療科の特色

現在以下の3つの項目を画像センター内で重点的に運営し、画像センターの管理・監督を行っています。1)Drとcomedicalとの連携、橋渡し(各科の先生方が利用しやすいように)。2)造影剤副作用対策(チーム医療の一環)。3)個人情報保護です。この3つの項目が大きな役割といえるでしょう。その他、依頼があれば、1.画像診断、2.IVR (インターベンショナルラジオロジー)治療も行っています。

放射線医学は、今から100年余り前、ドイツのレントゲン博士がX線と呼ばれるエネルギーを使って人体骨などを映し出せることを発見した事に由来しています。今では、このX線(通称レントゲン)や超音波・磁気を利用して人体構造を映し出せるようになってきました。これが、1.画像診断のはしりであります。造影剤を投与することにより、さらに消化管や血管内の様子や腫瘍の存在部位を正確に観察することができます。このため、使用する造影剤の管理とともに、その撮像原理の理解も要求されます。すなわち、放射線被爆など放射線安全管理体制の構築とともに安全確保に努めていく番人としての役割を担っています。

最近では医療機器の進歩により画像Dataが膨大となり、画像サーバーの管理、個人情報の保護といったデジタル情報の管理にも注意を払っています。

また放射線科医はこれらの画像診断装置を治療に応用した2.インターベンショナル・ラディオロジー(IVR)治療も各診療科医師と連携して行っております。IVRとはX線CT、超音波、MRI、血管撮影装置(DSA)などの画像診断機器を利用して、治療や病理組織生検などに応用したものを言います。血管内に挿入したカテーテルから、直接腫瘍に薬剤を注入したりすることもあります。例えば、肝細胞癌、各種悪性腫瘍に対するIVR治療(肝動脈塞栓術、抗癌剤動注療法など。)や消化管出血などに対するIVR治療などが代表例です。

対象疾患

肝細胞癌、各種悪性腫瘍に対するIVR治療(肝動脈塞栓術、ラジオ波凝固療法、抗癌剤動注療法など。)
その他、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)、胃静脈瘤、門脈圧亢進症、消化管出血などに対するIVR治療

画像診断センター放射線機器一覧

RIS、PACS、レポートシステムを利用した効率的な検査環境を構築し、画像診断を行っている。

1)一般撮影装置2台 SHIMADZU RADIOTEX 高電圧装置 UD/50B-40/L40
2)TV装置     TOSHIBA uctimax80 MDX-14GR2/J1
3)CT       TOSHIBA Aquillion ONE GS
4)MRI      SIEMENS MAGNETOM Avanto
5)Angio装置  PHILIPS Allura XpenFD20
6)RI装置     GF VG
7)CR       FCR PROFECI CS
8)乳房X線撮影装置 SHIMADZU sepia STEAGE