ナビゲーションをスキップする

診療科のご案内

ここから本文です。

第1内科(消化器)

医師の紹介

東 克彦 名誉院長兼参与



【認定資格等】
和歌山県立医科大学臨床教授
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医
【専門分野】
総合内科
消化器疾患全般
消化器内視鏡診断
肝臓疾患

西川 泉 診療部長兼第1内科部長事務取扱兼内視鏡センター長事務取扱

 

【認定資格等】
日本内科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
ICD(感染制御医師)

臨床研修指導医養成講習会修了

【専門分野】
内科一般
消化器内視鏡(診断・治療)
消化器疾患全般

寺杣 智志 第1内科医長

 

【認定資格等】

日本内科学会認定医

ICD(感染制御医師)

日本DMAT隊員

臨床研修指導医養成講習会修了

【専門分野】
内科一般

松谷 泰好 第1内科医員

 

【認定資格等】

総合診療認定医

【専門分野】
内科一般

玉置 哲也 第1内科医員 

  【認定資格等】
【専門分野】

桑島 史明 第1内科医員 

  【認定資格等】
【専門分野】

 

 

対象疾患

食道疾患

逆流性食道炎、食道潰瘍、食道腫瘍、食道癌、食道静脈瘤
胃・十二指腸疾患:胃炎、十二指腸炎、胃・十二指腸潰瘍、H.pylori感染症、Mallory-Weiss症候群、胃腫瘍、十二指腸腫瘍、胃ポリープ、粘膜下腫瘍、胃癌   

腸疾患

急性腸炎(感染性腸炎、偽膜性腸炎、虚血性腸炎など)、慢性腸炎(Crohn病、潰瘍性大腸炎、腸結核など)、大腸ポリープ、大腸腫瘍、大腸癌、大腸粘膜下腫瘍

肝疾患

急性肝炎、慢性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)、肝硬変、劇症肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、アルコール性肝障害、脂肪肝、NASH、肝腫瘍、肝臓癌

胆道疾患

胆石症、胆嚢炎、胆道系腫瘍、原発性硬化性胆管炎

膵疾患

急性膵炎、慢性膵炎、膵腫瘍、膵癌

腎疾患

急性腎不全、慢性腎不全、急性腎炎、慢性腎炎、尿細管疾患、ネフロ-ゼ症候群、IgA腎症など

血液疾患

貧血、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、紫斑病、血友病など

リウマチ・膠原病・類縁疾患

慢性関節リウマチ、全身性エリテマト-デス、多発性筋炎、全身性硬化症、混合性結合組織病、リウマチ性多発性筋痛症、シェ-グレン症候群、成人スチル病、抗リン脂質抗体症候群、ベ-チェット病など

呼吸器疾患

肺炎、間質性肺炎、肺線維症、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、肺癌

診療科の特色

和歌山県・中紀地方の中核病院の内科として、専門領域である食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵疾患といった消化器疾患全般の診療はもちろん、地域の要望に応え、循環器、呼吸器、腎臓病、血液疾患、膠原病、感染症など内科全般に渡って積極的に診療を行っています。夜間・休日の救急医療については、当該地域の他、周辺の地域からも受診依頼があり、できる限りの対応を心がけています。

当科で取り扱える疾患

内科全般に対応しますが、診療内容の一部を下記に紹介します。

肝臓疾患

B・C型慢性肝炎

インタ-フェロン療法を軸に各種治療を行なっていますが、近年では抗ウイルス剤としてC型肝炎にリバビリン、B型肝炎にラミブジンが登場し、症例によって使用され、良好な成績をあげています。

肝細胞癌

近年は腹部超音波診断能の向上、dynamicCT検査の導入により肝細胞癌の診断能力は向上し、治療法でも従来の肝動脈塞栓術、経皮経肝エタノ-ル注入療法に加え、ラジオ波による治療が登場し根治率が向上しています。

消化器疾患

PPI内服を軸とした逆流性食道炎の治療、ヘリコバクター・ピロリ除菌療法を含めた胃・十二指腸潰瘍の専門的治療。また当科では、24時間緊急内視鏡検査・治療が出来る体制になっており、上部消化管出血の救急患者に対し、内視鏡的止血術(エタノ-ル局注療法、高張エピネフリン局注療法、高周波電流、クリップ止血法、マイクロ波凝固療法などが可能で症例により使い分けている)を行っています。早期胃癌の内視鏡的切除、また外科的治療が困難な進行胃癌に対する化学療法にも取り組んでいます。

近年では経口摂取が困難な患者さんに、経鼻胃管にかわるPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)が導入され、近隣の診療所や老健施設と連携をとり、在宅医療にも取り組んでいます。

炎症性腸疾患に対しても、小腸検査を含む全消化管の診断を行っており、食事指導を通じての栄養管理から、潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法、クロ-ン氏病に対する抗TNFα抗体療法などの特殊治療まで行なっています。

当院では県下で初めて人間ドックに大腸内視鏡検査を取り入れ、大腸癌の早期発見につとめており、早期大腸癌や大腸ポリ-プを含めた前癌病変の内視鏡的治療にも取り組んでいます。

胆・膵臓疾患

従来の内視鏡的逆行性胆膵管造影(ERCP)に加え、MRIによるMRCP、超音波内視鏡検査を導入し、診断能を向上させ、内視鏡的乳頭括約筋切開術ESTや内視鏡的乳頭バル-ン拡張術EPBDによる総胆管結石の治療、胆管ドレナ-ジ術にも取り組んでいます。

検査など

上部内視鏡検査・治療

  • 通常の食道・胃・十二指腸の内視鏡検査(一般,健診,人間ドック)
  • 色素内視鏡検査、生検組織検査
  • ヘリコバクタ-・ピロリ検査
  • 超音波内視鏡検査
  • 上部消化管出血(食道・胃静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍)の内視鏡的止血術
  • 食道・胃ポリ-プ、早期癌の内視鏡的切除

下部内視鏡検査・治療

  • 通常の大腸内視鏡検査(一般,健診,人間ドック)
  • 色素内視鏡検査
  • 生検組織検査
  • 大腸出血の内視鏡的止血
  • 大腸ポリ-プ、早期大腸癌の内視鏡的切除

その他

  • 腹部超音波検査
  • ERCP、MRCPによる胆道・膵管の精査
  • 腹部血管造影検査