ナビゲーションをスキップする

診療科のご案内

ここから本文です。

泌尿器科

医師の紹介

青枝秀男 副院長


【認定資格等】
泌尿器科学会専門医
泌尿器科学会指導医
【専門分野】
一般泌尿器科

 

対象疾患

泌尿器科は主に尿路(腎~尿管~膀胱~尿道)と男性生殖器(陰茎、前立腺、精巣など)を取り扱う診療科です。

 

診療科の特色

近年、生活様式の欧米化に伴い前立腺癌が非常に増えてきています。これに対しては前立腺腫瘍マーカー(PSA)の採血で早期発見が可能になってきていますので、男性は50歳を超えれば一度はチェックしておくことをお勧めします。

症状としては、おしっこの異常(血尿、排尿痛、頻尿、尿失禁など)、尿路結石に伴う疝痛、炎症に伴う発熱や腫脹などが見られます。

 

当科で取り扱える疾患

  1. 尿路・性器感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣炎など)
  2. 腫瘍性疾患(腎、腎盂尿管、膀胱、前立腺、精巣などの良性および悪性腫瘍)
  3. 尿路結石症
  4. 排尿障害
  5. その他

     

    ただし常勤医1人体制となっていますので手術的加療が必要になった場合は、他院へ紹介させて戴くことになります。

検査など

軟性の膀胱尿道ファイバースコープ、超音波診断装置、CTやMRI、RIシンチ など